就業規則作成・変更

【九州・全国対応】オンライン相談可能(ズーム)


Q 就業規則を作成するに際して、要望を反映してもらえるのでしょうか?

はまゆうは、御社の要望に沿った就業規則を作成します。


Q 就業規則を作成・変更するメリットを教えて下さい。

梶永は、以下の理由から、10人未満の事業所であっても就業規則を作成することをお勧めします!!

理由①:労使トラブルの未然の防止のため

労使のトラブルを未然に防止するために、 就業規則を作成しましょう。万が一トラブルが発生しても、就業規則を基準に処理することができます。 

理由②:助成金の給付のため

助成金の給付のためには、就業規則を作成または変更する必要があります。

ここでご注意頂きたい点があります。助成金の給付目的に沿った就業規則を作成変更しないと助成金を給付できないということです。

したがって、助成金の精通していない方が就業規則を作成しても、助成金を獲得することができない可能性が高いです。

就業規則を作成により、労務管理と労働条件の向上を同時に達成します。助成金の活用により無理なく導入します。

理由③:労働環境の向上のため

助成金給付のために就業規則を作成変更することは、必然的に労働環境の向上に繋がります。というより、労働環境を向上させたからこそ、助成金が給付されるのです。

また、就業規則により働き方を見直すことができ、無駄な人件費の節減にもなります。その結果、必要な手当等を創設する原資を生み出すことができます。

これら労働環境の向上は、助成金により実現していきます。

理由④:人手不足の解消のため

労働環境が向上すれば、人手不足の解消に繋がります。ただ、人知れず労働環境を向上させたとしても、求職者に伝わりません。そこで、労働環境の向上結果や向上手段等をホームページ等で明らかにして行きます。

梶永は、2012年から自分でもホームページを作り続けています。だから、ホームページを通じた人手不足の解消の案を「具体的に」にアドバイスをすることができます。